2017年4月17日

ダイエットキャットフード

猫に散歩は必要?猫を飼っている方で猫を外に出したほうがいいのか疑問に思ってる方にお答えします

 

 

あなたが飼っている猫が子猫の時にペットショップで購入されたような猫なら無理に外に出さなくてもストレスなく生活することができると思います。なぜなら一度も外に出たことがない猫ははじめて外に出るのを怖がる猫が多いからです。中には好奇心旺盛で怖いもの知らずな猫もいると思いますが外に出ない生活に慣れさせれば問題はないのです。

 

 

でも元々は野良猫だったり前の飼い主が放し飼いしていたような環境にあった猫は外の世界の面白さを覚えています。また猫と一緒に外で遊んだり散歩をしたいと考えている方や飼い猫に外の世界の面白さを教えてあげたいと思う方もおります。猫は一度、外の世界の面白さを知ったらまた行きたいと思うようになり連れて行かないとストレスを感じるようになりますのでご注意してください。

 

 

猫と一緒に外で散歩するために

 

 

猫を外に出すときは飼い主さんも一緒に付き添ってあげてください。放し飼いは交通事故や病気や猫同士のケンカにまきこまれて大ケガを負ったり死亡する危険があるのでやめたほうがよいでしょう。

 

まずワクチンは必ず受けましょう。ノミ・ダニ予防と伝染病から守るためです。特に草むらにはノミが多くいるのでワクチンを受けていたとしても注意が必要です。

 

首輪でもいいのですが猫が嫌がらなければハーネスをつけたほうが猫が逃げ出す危険性が少なくていいと思います。もしハーネスがどうしてもつけられないようなら首輪が抜けないように気を付けてください。

 

散歩をするときは時間をかけてゆっくり歩いて猫のペースに合わせてあげましょう。猫は犬と違って立ち止まったり、来た道を戻ったりしていろんなものに興味を持ったりします。そもそも猫は行動範囲が狭く縄張り意識が高い動物です。散歩するコースも近所をのんびり歩いてあげるのがいいでしょう。

 

猫は神経質な動物なので散歩の途中に大きな音や車やほかの動物にびっくりして急にパニックになることがよくあります。その時はしっかりと抱きかかえて落ち着くまで猫の安全を守ってあげるといいでしょう。その時に思いっきりひっかかれたりすることもあるので長袖の服や手袋などしていくのもいいと思います。

 

 

猫の散歩には注意が必要ですけど運動不足、ストレスの解消にもなり健康にも良い面があります。飼い主さんにとっても愛猫の新たな一面が見れたりして楽しいと感じると思いますのでご参考にして頂ければ幸いです。